CONQUEST RECRUITING
INFORMATION

#02
M.S.

THE OUTLETS HIROSHIMA CONQUEST
CONSULTANT

入社3年目
ジアウトレット広島 コンクエスト コンサルタント

フロアサブマネージャー

写真:人物

CONQUEST MEMBER

きっかけ

他社輸入車ディーラーから転職し新たな職種へステップアップ

前職は国産車ディーラの中のフォルクスワーゲン事業部で、約10年間勤めていました。その会社がフォルクスワーゲンの取り扱いをやめることになり、その際、コンクエストから声をかけていただきました。国産車ディーラーとして残るか迷いましたが、せっかくの長年の経験を活かせるならと思い、何人かと一緒に移動してきました。

カスタマーアシスタントは、入社すると接客の研修を行います。そこから電話応対やお客様と接しショールーム内をご案内できるようになります。車の点検や故障の受付も行うことにより、ある程度車の知識は自然と身に付いていくので、車を詳しく知らなくても大丈夫です。私は職歴を考慮していただき、研修は免除になりました。カスタマーアシスタントを1年ほど経験した後、現在はコンサルタントとして勤務にあたっています。

仕事

各ショールームへご案内する最初の入り口的役割

コンサルタントの仕事は主に、興味を持たれているお客様を店内へご案内したり、取り扱うブランド車の説明をしたりする業務になります。私たちは営業とは違い、実際に商談や契約にあたることはありません。あくまで、コンクエストグループのショールームへご案内するための入り口のような役割になります。

展示以外の車をご希望の方や、実際に試乗や契約のお話になった時は、他店舗の営業担当に引き継ぐながれになります。対応させていただいたお客様が、スムーズにショールームへ訪れていただけるよう、営業との連携が重要です。

写真:人物

喜び

輸入車に触れるきっかけになれた喜び

コンサルタントという立場上、直接車の販売はしていません。契約は各店舗でやっていただくのですが、後日購入されたお客様がわざわざ買ったよ、と言いに来てくださった時はうれしかったですね。ここでお話させていただいた後、担当営業もタイミングよく電話をしてくれたおかげで、商談成立したようでした。お買い物のついでかもしれませんが、「ここがきっかけだったよ」と言ってくださると、お役に立てて良かったなと思います。

輸入車が並べられたショールームは、敷居が高くて行きにくい印象を持たれているお客様は多いです。そんなお客様に安心して立ち寄っていただけるよう、輸入車の魅力を精一杯伝えていければと思います。

接客

お客様を観察しコミュニケーションをとる

ジアウトレット広島内にある本店舗は、買い物のついでや奥様を待つ間の時間つぶしなどで立ち寄られるお客様が多いことが特徴です。カーセンサーを取り扱っているので、ネットで調べて見に来られる方も中にはおられますが、ほとんどの方はふらりと寄ってご覧になるお客様ですね。

ショールームだとお客様は車で来られるので、どういった車に乗られているかが分かるのですが、ここの店舗では見ることができないので、車のご案内をするにも少し難しい面はあります。そこはお客様と会話をしながら、どういったご用件かなと感じながら対話するよう心掛けています。

コンサルタント

時代を先取りした新たな職種

カスタマーアシスタントは、電話応対やご来店になるお客様のご案内業務のほか、名簿整理や入力作業などの事務仕事もあります。そうした接客や車の知識が豊富になると、コンサルタントへステップアップできます。

コンサルタントという職種はまだスタートしたばかりですが、今後増えてくると思われます。ジャガー・ランドローバーはメーカとして取り組みを始めています。いきなり営業が接客するのではなく、まず入り口部分でコンサルタントがご用件をお聞きして的確に振り分ける。そういう仕事になりつつあります。コンサルタントのための研修が今後増えてくるかもしれませんね。お客様対応も、時代のながれに沿って変化していく、面白い仕事だと思います。

写真:人物

求める人材

車の魅力を伝えたい対話が好きな方

私たちの仕事は自分たちの中で完結せず、担当営業につなげて、その後連絡しあうことも重要なポイントです。お客様はもちろんですが、社内各署とのコミュニケーション能力も大事になってきます。お客様の来店予定や、ショールームにいらっしゃる際のご要望、商談の途中経過や契約成立したかしないかの結果について情報共有しています。経過や結果が分かるので、モチベーションがあがります。

いろんなブランド車に関わることができる良さがコンクエストにはあります。営業とはまた違う楽しさがある職種です。できるだけ多くのお客様に、輸入車の魅力を伝える仕事をしたい人にぜひ来て欲しいと思います。

INTERVIEW LIST